京都の司法書士 【新風リーガルサービス】

相続放棄

01_mainvisual

大変申し訳ございません。
私たちは相続放棄のご依頼を
そのままお引き受けすることができません



02_check

あなたが今このようなことで悩んでいるなら、
もしかすると相続放棄はあなたにピッタリ合った
解決方法になるかもしれません。



ただし、これからお話しするあなたが相続放棄の依頼に迷うかもしれない、
専門家にとって不都合な相続放棄の3つのデメリットを知っておかないと、
あなたは相続放棄が終わった後、より大きなトラブルを抱えることになるかもしれません。



そもそも相続放棄って?


はじめまして。私は司法書士・FP 新風リーガルサービス代表の上羽崇之(うえばたかゆき)といいます。
まずは、相続放棄についてご説明しておきます。
相続放棄は、簡単にいうと原則として、故人(被相続人)が亡くなったのを知ってから3ヶ月以内に、
相続人が家庭裁判所に「相続を放棄する」という内容の書類を提出することで手続を行います。
相続放棄した相続人については、最初から相続人でなかったものと扱われますので、
冒頭の相続人という立場を前提とする悩みやトラブルを解決するのに大変役立つことがあります。


相続放棄をして得られるたくさんのメリット

故人の残した借金を引き継ぐ必要はありません

今後の生活の安全が手に入ります。銀行や、カード会社、サラ金の担当者など「ちょっと嫌だな」と思う人と連絡を取ったり、督促を怖がる必要もなくなります。もちろん、もし今後新しい借金が見つかっても同じです。

財産を引き継ぐ負担とその心の負担から開放されます

面倒な相続手続、固定資産税などの管理にかかる費用も不要です。遠方の土地、少額の預金、賃貸マンションに残された遺品。あまり大きな声では言えないけれど、手間や費用だけがかかるもらって嬉しくない財産を一切引き継ぐ必要がなくなります。

家族・親族との財産の話し合いには今後ノータッチでOK

誰の許可も同意もいりません。協議書にサインや印鑑を押す必要もありません。ただでさえ話すのが難しい財産の話。加えてこれが仲の悪い親族、疎遠の相続人ならたまりません。もう面倒事には関わらなくて大丈夫です。

あなたの貴重な時間やお金を、他の大切なことに使うことができるようになります

もし、あなたが社長や役員、上場企業勤務など収入も社会的地位も高く、わざわざ疎遠な故人の財産をもらわなくて良いという方なら、相続するよりも少しの時間と費用で面倒事を避けることができます。



このように、相続放棄をすれば、あなたには今後もずっと故人が残した面倒事が降りかかることがありません。
将来、奥さん(旦那さん)やお子さんにも借金や面倒事を引き継ぐこともありません。
あなたの愛する家族を守ることにも繋がります。

相続放棄の手続が無事終わった後は、夫または妻として、そして親として、きっと誇らしい気持ちになっていることでしょう。
また、相続放棄は相続人が数名いるような場合、足並みを揃えて同時に手続することもできます。
なかなか動かない相続人がいる場合、あなたが今代表者として行動しこの危機を一緒に乗り越えれば、ご家族やご親族からきっと感謝してもらえると思います。

でも、ちょっと待って下さい



相続放棄は一度手続をしてしまうともう二度と後戻りできない手続です。
実は、あまり注目されていませんが、相続放棄には見落とすことができないデメリットもあります。
そして、そのデメリットは
相続放棄をするときではなく、相続放棄を終えた後に具体的な問題となって表れます
ただでさえ不安なことが起こって、3か月の期限もある。
どうしても相続放棄のメリットばかりに目がいってしまうことは仕方ありません。
焦って色々な情報に惑わされすぐに相続放棄の手続をする前に、
ここでほんの少しだけ立ち止まって考えて欲しいのです。


あまり知られていない相続放棄の3つのデメリット

1.同順位の相続人全員が相続放棄をすると、次の順位の相続人に負担が移ってしまう

相続放棄は原則として相続人のうちひとりでもできることになっています。
もちろん、相続人全員で相談した上で一緒にすることもできます。
ただ、相続放棄をすると「最初から相続人でなかったことになる」ので、
全員が相続放棄してしまうと、相続人がいないことになってしまいます。
この場合、相続放棄をすることで相続人の地位が次の順位の家族や親族に移ることになります。
さて、相続人には次のように法律で決められた順位があります。

①子
②親(直系尊属)
③兄弟姉妹


相続放棄によって、相続人である子がいなくなれば親、
親が亡くなっている、あるいは親も相続放棄すれば兄弟姉妹、
という風に次々にあなたの家族や親族が相続人になっていきます。

もちろん、次の順位の方も相続放棄すれば同じように負担はなくなります。

しかし、相続放棄をすることによって、

本来関係のなかったあなたの家族や親族に連絡しなければいけなかったり、
次の順位の相続人に相続放棄の手続の手間や費用の負担を強いることにもなりかねません。

2.相続放棄をしても、相続財産の「管理責任」が残ってしまう

相続放棄をしたら、他の相続人や関係者と関わらなくても良い、
財産についても放っておいても良い、という風に説明されがちです。
大きくは間違ってはいませんが、そのままあなたの全ての責任がなくなるわけではありません。

例えば、民法第940条にはこんな条文があります。

相続放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない。

つまり、預金通帳や金銭的価値のある財産を手元に持っていれば、それを次の順位の相続人に引き渡さなければいけませんし、次の順位の相続人はまたその次の順位の相続人に引き渡さなければいけません。
相続放棄が終わったからといって、勝手に処分することは許されません。
また、遠方に空き家などの不動産などがあれば、倒壊や火事で近隣の方に迷惑がかかってしまったとき、
その管理責任を問われる可能性もあるのです。
これは相続人としての責任ではなく、財産の管理者の立場としての責任です。

相続放棄をして何もせず放っておいた責任です。

たとえ相続放棄をしても、別の人に管理してもらうまではこの責任は逃れられないのです。
これには、家庭裁判所に相続財産管理人という人を選任してもらう、という解決方法がきちんと用意されており、
その管理人に財産を引き渡してあなたは責任を逃れることができます。
ただし、この手続は家庭裁判所への予納金が必要になり、一般に費用がとても高額になります。
つまり、一番の問題は、

相続放棄以外に、結局もっと高額の費用や手間や時間がかかるかもしれないことです。
この費用や手間は、一体誰が負担するのでしょうか?


3.家庭裁判所に相続放棄が受け付けられても100%安全とはいえない

相続放棄は、原則として書面で行う手続です。
家庭裁判所から呼び出されることもありませんし、
家庭裁判所があなたが本当のことを言っているかわざわざ調査することもありません。
家庭裁判所は相続人から相続放棄の申述書の提出があれば、
それを受理して良いかを形式的に判断します。
形式的に、というのは、

①法律で定められた期間内に申立てが行われている
②相続財産の処分など法律で禁止された行為を行っていないか


ということをあくまで提出された資料に基づいて判断することです。
だから相続放棄の手続はとても簡単です。
かといって、相続放棄の手続が無事終わっても安心はできません。
このような書面の手続ですから、
相続放棄が受理されたことは証拠のひとつに過ぎません。

本当に相続放棄が有効かどうかは具体的な裁判で確定することになります。

実は、債権者は相続放棄が終わってから、
相続放棄をした相続人に対して裁判を起こせます。

そして、残念ながら後に相続放棄が無効と判断されることもあります。
家庭裁判所の判断が全てではありません。
さて、相続放棄にはやってはいけないことが決められています。
代表的なのは

・相続財産に手を付ける
・亡くなってから3ヶ月を経過している

などです。
もし裁判でこのやってはいけないことが見つかったら、、、
最悪負けてしまう可能性もあります。
後日、やっぱり最終的に借金を背負わされる。
そんな結果もあり得るのです。
これは、きちんと

・財産を使ってしまっていたら、このような理由で使った。
・3ヶ月を経過していたら、このような理由で経過してしまった。

ということを家庭裁判所に伝えて受理されていても変わりません。


例えば、こんな判例もあります。


大阪高等裁判所平成21年1月23日判決(判例タイムズ 1309 号 251 頁)

■相続放棄申述の熟慮期間の起算日について、共同相続人の1人が被相続人死亡時点において相続
財産の有無及びその状況等を認識又は認識することができるような状況にあった(少なくとも被相
続人に相続財産が全くないと信じるような状況にはなかった)し、被相続人に積極財産及び消極財
産があることを認識して遺産分割協議をし、不動産の一部について相続登記を経由し債務も弁済
しているような経緯に照らせば、本件訴訟まで本件債務があることを知らなかったとしても、熟
慮期間の起算日を本件訴状送達日から起算すべき特段の事情があったとはいえない。

■相続人が被相続人に相続財産が全くないと信じた場合に、そのように信ずるについて相当な理
由があると認められるときには、相続放棄の熟慮期間は相続人が相続財産の全部又は一部の存在
を認識した時又は通常これを認識しうるべき時から起算すべきである(最二小判昭和57年(オ)第82
号昭和59年4月27日民集38巻6号698頁)。

■相続人が相続財産の一部の存在を認識した被相続人死亡の日から熟慮期間を計算すべきで、同
期間経過後にされた本件相続放棄の申述は不適法である
(最三小決平成13年(許)第1号平成13年10月30日家月54巻4号70頁)。


これは、3ヶ月を経過した相続放棄がきちんと家庭裁判所に受理された後、それをひっくり返された裁判の話です。

結局、私が何が言いたいかというと、

何をどうやったとしても、
やってはいけないことをやってしまった相続放棄は危ない


ということです。

もちろんその方の事情により将来の危険度はそれぞれ異なります。
でもリスクを将来まで抱え込むことは間違いありません。

家庭裁判所に相続放棄が受理されるのがゴールではないのです。

今抱える相続の問題を解決して、最終的にあなたやご家族の将来がどうなるかの方がもっと大切です。

相続放棄をしても面倒事はなくならない?


さて、これらのことをあなたにお伝えしたのは、
他人に迷惑をかけるから、費用がかかるから、この先どうなるか分からないから、
相続放棄を止めろと言っているのではありません。

これらのことを知らずに手続してしまうと、後日余計な人間関係のトラブルや費用負担のトラブル、思ってもみないリスクを抱えてしまうかもしれないということをお伝えしたかったからです。

本来相続放棄とは
故人が残された財産と借金などの負債の状況・あなたをはじめとする相続人の方々の事情



などあなたが置かれた環境により、
これまでご説明した相続放棄のメリット・デメリットを知ったうえで
その他の選択肢と比較検討して
あなたが納得して選択するものです。

あなたの選択肢はひとつとは限りません。

あなたが選べる3つの選択肢



さて、改めて相続には、大きく分けて

単純承認

相続財産(借金も含む。)をそのまま引き継ぐ
※「財産を何ももらわない」というのもこちらに入ります

相続放棄

相続自体を放棄する・財産も借金も一切相続しない

限定承認

条件付で相続財産を引き継ぐ



という3つの手続があり、
故人が亡くなったことを知ってから3ヶ月以内に、
相続人はこの中から自由に選択できることになっています。

これが、熟慮期間といって、いわゆる相続放棄の期限と呼ばれるものです。

でも、これは相続放棄の期限というより相続放棄を含めたこの3つの手続の選択の期限です。

あなたが選択できるそれぞれの手続の特徴をまとめると次のとおりです。

見てお分かりのとおり、それぞれの手続にはメリット・デメリットがあります。
今の時点で、私たちからあなたにとってどれが優れていて、どれが劣っているとアドバイスすることはできません。

単純承認 相続放棄 限定承認
相続財産 受け取れる 受け取れない 現金として)受け取れ
る可能性がある
相続債務 引き継ぐ 引き継がない 引き継がない
他の相続人の協力 必要 不要(1人でもできる) 必要
費用 費用財産の内容による 安い 高い
その他備考 ・一度揉めると問題をず
っと抱えることになる
(次世代にもトラブルが
引き継がれる)
・自宅などの必要な財産
も一切引き継げない
・今後、相続手続に一切
関与する必要がない
・次順位の親族が相続人
になることがある
・最後に相続放棄する人
は相続財産管理人を選ぶ
手続が必要
・「先買権」により相続
人が自宅などを買い取る
制度がある
・手続にとても時間がか
かる



見てお分かりのとおり、それぞれの手続にはメリット・デメリットがあります。
今の時点で、私たちからあなたにとってどれが優れていて、どれが劣っているとアドバイスするこ
とはできません。


なぜ私たちがすぐにあなたの依頼を引き受けないのか??

相続放棄をすればもう一切関与しなくていい
一度受け付けられたらもう安心

このように説明されることが多い相続放棄ですが、
決してそうとは限らないことはこれまでご説明したとおりです。


私たちはこのような少し難しい話や、
もしかしたらあなたが依頼を迷うかもしれない
専門家にとって不都合な事実もきちんとお話ししています。


それは、私たちが相続放棄の代行をしているのではなく、
相続の問題を解決して、あなたやご家族がこれからの人生をより豊かに歩んでもらうためです。


私たちは、相続放棄をした後のことも含め
相続全体のデザインを考えていくつかの選択肢を提示します。


相続放棄の手続はそれほど難しいものではありませんが、
これらの判断やアドバイスはとても難しいものです。


なぜなら、単に相続放棄の手続の知識だけに限らず、
相続全般の法律はもちろん、税金や、お金のことなど
総合的な知識と経験が必要となるからです。


もう一度言います。
一度相続放棄をしてしまうと、
もう後戻りできません。


後でどれだけ親族に迷惑がかかって文句を言われても、
たとえ追加で他の手続にお金が必要になっても、
将来思ってもみないトラブルが起こったとしても、


もうどうすることもできなくなります。

あなたが後悔せず相続のトラブルを解決する方法

「じゃあ結局どうしたらいいの??」

このように思われているかもしれませんね。

私が言いたいことはたったひとつです。

ご自身だけでインターネットや書籍の相続放棄の情報だけで判断して
どこかの事務所に相続放棄の依頼をする前に、


これまでお話したようなことを理解した相続全般に強い専門家の適切なアドバイスを受けて、
あなたのケースにあてはめたメリットとデメリットを比較した上で相続放棄を選択してください


ということです。

最初に申し上げたとおり、
私たちはあなたの希望をそのままのかたちで受け取って、
相続放棄のご依頼を引き受けることはありません。


まずは、私たちの相続手続選択コンサルティングを受けて頂き、
それでもあなた自身が相続放棄が最適だと納得された場合のみお引き受けしています。


この相続手続選択コンサルティングを、
あなたの相続放棄の最終チェックリストとして活用してください


新風リーガルサービスの相続手続選択コンサルティングが選ばれる理由

相続放棄のやり方ではなく、あなたの抱える悩みの「解決方法」が見つかります。

司法書士+AFP(ファイナンシャル・プランナー)の2つの国家資格を持つ代表者がアドバイス。
司法書士は法律の専門資格。
AFPはお金や資産に関する総合的な専門資格。
つまり、法律だけでなく、お金や税金のことも含めた相続の総合的な知識と経験から、あなた
の相続の選択をサポートします。あなたが相続放棄をするにしろ、別の選択をするにしろ、その
判断に十分足りる情報やアドバイスを提供いたします。

正確な料金を見比べられます。

最初の手続は安くても、後日やっぱりもっと料金の高い手続が必要になった。
こんなことを避けるため、あなたの悩みが解決するゴールまでの設計図でお見積いたします。

四条烏丸徒歩3分の京都市内抜群のアクセス。

しかも土日祝夜間対応可(要予約)。最小限の時間と手間で最大の効果。
オフィス街のビルの中にあるので、近所の人や親戚に見つかることもありません。
お仕事帰りやお買物のついででも私たちのコンサルティングを受けることもできます。
大切な休みの日を使ったり、長い移動時間を使ったりして遠くの事務所まで行く必要はありません。

あなたにデメリットのある手続は事前にストップ。

大切な選択なので、ご依頼をそのまま誘導したり、結論を急がせることはありません。

あなたが自分で納得する結論が得られるまでお付き合いします。

このコンサルティングの時間は無制限です。Q&Aにも制限はありません。
「相続放棄の判断」は流れ作業でできることではありません。途中でお話を打ち切るようなことはございません。

落ち着いて話して頂けます。

少人数体制の小さな事務所で、同じ時間帯に相談は1組だけ。
堅苦しくもなければ、あなたに情熱を押し付けるような暑苦しさもありません。
たとえ、何を質問して良いか分からなくても、私たちが必要なお話をあなたから引き出します。

もちろん、故人がお亡くなりになってから3ヶ月が経過した相続放棄も選択肢としてあり得ます。

事前にリスクを納得の上でチャレンジできます。

手続を開始する前に契約書を交わします。

驚くかもしれませんが、この契約書を交わす事務所はそう多くありません。
後日、お伝えしていない費用を請求しないことを私たちは書面で約束します。


【相続手続選択コンサルティングの流れ】

03_nagare
※この後に必要な手続があればあわせて実行

解決事例紹介(相続放棄の選択と、3ヶ月以上経過した相続放棄手続
お客様インタビュー 精華町 M.Mさん(30代・会社員)



Mさんは、自分がおばあさんの相続人であることを突然知らされました。

しかし、Mさんには相続人の中に関わりたくないご親族がいること、
またお子さんがいることから「もし知らない借金があって、引き継いでしまったらどうしよう」
という不安を抱えておられました。

他社で相談し、相続手続を進められていましたがうまく解決せず、最後に私たちのもとに相談に来られました。

故人が亡くなられてから既に3年が経過していましたが、私たちのコンサルティングの結果、
Mさんにはもうひとつの選択肢として相続放棄を提示し、Mさんもそれを希望されました。
家庭裁判所にこれまでの経緯と事情を証拠とともに説明し、相続放棄の申立をしたところ、無事受理されました。

まずはじめに相続放棄をしようと思ったきっかけを教えてください
数年前、私の父方の祖母が亡くなり、葬式が終わってしばらくしてから、祖母が生前お世話になっていた福祉協議会から手紙が届きました。
その手紙には、私を含めた相続人が記載されていて、祖母の通帳や遺品を預かっているので、相続人同士で相談し、引き取りに来て欲しいと書いてありました。

私はその手紙を読み、初めて自分が相続人であることを知りました。私の父は私が小学生の時に亡くなっているので、、、
父の弟のおじだけでなく、私と兄も相続人になったようです。

でも、そのおじとは私が中学生の時に、亡くなった父方の祖父のお葬式で会って以来、
まったく会っていなくて、どこにいるのかも知らないですし、連絡先もわかりませんでした。
また、おじがお金の問題を抱えているということをなんとなくまわりから聞いていたので、
連絡を取りたくないという気持ちが大きかったです。

最初はどういった行動を起こされましたか??
初めはすごく億劫で… 手紙が来てからも仕事だとか育児を理由に相続手続きを遠ざけていました。
でも、いい加減何とかしないといけないと思って… 福祉協議会に連絡を取りました。
それはどれくらい経ってからのことですか??
気付けば、もう3年経っていました。
3年!?その間にどなたか専門家にご相談などはされましたか??
以前お世話になった方に相談したところ、ある相続診断士の方を紹介していただきました。
どのような解決方法をご提案されたのでしょうか??
その方には、私がおじと関わりたくないということを伝えて、なるべく関わらなくても済むような方向で解決したいと相談させていただきました。
相続診断士の方からは行方不明の事実を実証して、相続できるものを私と兄で相続してはどうかという提案でした。
引き継いだらいいじゃないか、と
そうですね。そのときは、そういうものかと思っていました。

でも、その方向で手続きを進めてもらっていたところ、おじがその一年ほど前に住民登録をしていることが分かって…
その方向性で進めることができなくなってしまいました。

どうしたら良いか相談しましたが、もう祖母が亡くなってから3年たっているので相続放棄は出来ないと思うとの回答でした。
おじと関わりたくないのであれば、時期がくるまで眠らせるか、
銀行に訳を話して自分の取り分だけでも貰えるように交渉するかの方法以外難しいのではないか?
とのことでした。

その後どうされましたか??
相続放棄ができないと言われたとき、不安でいっぱいになりましたね…
もし、祖母に借金があったり、おじの保証人などになっていたら…と考えるだけで怖くてたまりませんでした。

私には息子がいるので、その借金が巡り巡って将来息子にいってしまったらどうしようって…
すごく不安でした。
これからどうしたらいいのかまったくわからなくて…

提案いただいた「銀行に行って自分の取り分だけもらう」という選択肢は、
後におじともめる可能性があると思うと、おじと関わりたくない私にとってはありえない選択肢ですし、
また、眠らせるという選択肢も、不安な気持ちをこれからもずっと持ち続けるということだったので、気持ち的に耐えられないなと…
もう、どうしたらいいんだろうって悩んでいるときに、知人から「ちょっと相談してみたら?」とこちらを紹介されて…
わらにもしがみつく思いで今回こちらに…

「新風リーガルサービス」の良いところを教えてください
まず、自分の意向や気持ちをくみ取って下さり、事情を分かって下さった上で、
いくつか解決案を提示していただいたこと、そして最終の決定権は私に下さったことがすごくありがたかったです。

法律に詳しくない私からすると、専門家の方から「こうしたほうがいいよ」と促されると、
年齢的にも先輩に当たる方が多いため、その解決案かベストなのだと思ってしまって、
自分の意見が言えなかったり、不安に思っていることを話せなくて。

こちらでは「こうしたほうがいいよ」と促すだけではなく、いくつかの解決案を提示してくださり、
それぞれのメリットやデメリットを丁寧に説明いただけたので、どれが一番最適な方法なのかを納得して選ぶことができました。
「自分で納得した上で選択すること」が大事なんだと改めて思いました。

そして、今回私の不安や悩みを聞く時間をすごくとってくださったことが本当にありがたかったです。
まとまりのない内容を私が一方的に話してしまっても、順序立てて聞いてくださり、「他に不安に思うことはないですか」と常に話しを聞く態勢で打ち合わせを進めてくださいました。
手続きの説明をしてもらっている時も、私が理解できているかを確認しながら進めてくださったので、安心して打ち合わせに臨むことができました。
そして、他社では口頭の説明が多かったのですが、こちらはきちんと資料を作ってくださり、文章や図を使って、法律に詳しくない私でも分かるように説明してくださいました。

ありがとうございます。3年越しの相続放棄が無事終わったときの気持ちを教えてもらえますか??
本当に肩の荷が下りました。
もともとこちらに相談に来てから、すごく丁寧な対応をしていただいたこともあり、不安はだいぶ解消されていましたし、きっと解決していただけると信頼していましたが、、、
やっぱり今後のことを考えると手続が終わるまで不安な気持ちはありました。

事務所でドキドキしながら家庭裁判所からの封筒を一緒に空けて、無事受け付けられたことが書いてあるのを見たとき、
「やっとこの不安な気持ちから開放される」と安堵感でいっぱいになりました。

最後に、Mさんと同じように相続の悩みを抱えておられる方にメッセージをお願いします
まずは、インターネットで色々な情報を得るよりも、専門家の方に相談していただきたいなと思います。

そして、専門家の方を選ぶときは、色々な方がいらっしゃるので、不安な気持ちを受け止めてくださる先生方にお願いした方がいいと思います。

新風リーガルさんは、自分が納得するまで話を聞いて下さり、分かりやすい資料を使いながら、自分が分かるまでとことん説明して下さいます。

専門家の方に相談するのを躊躇われている方でも、きっと不安な気持ちを解消して下さいますし、
すごく丁寧に対応していただけるので、少しでも悩まれている方はぜひ一度新風リーガルさんに相談してみてください。

本日はどうもありがとうございました!

相続選択コンサルティングと無料相談の違い

私たちは、単純に手続を終わらせることよりも「あなたがどうなったか?」という結果にこだわります。

例えば
「1,000万円の借金を相続しなくてよくなった」
というのもひとつの結果ですし、
「事前に相続放棄のデメリットに気付いてストップできた」
ということも金額には表わせませんが、あなたにとってとても価値のある結果だと思います。

あなたにとって、このような望ましい結果までの道筋をつける
この相続手続選択コンサルティングの価値は決して低くはないはずです。

私たちは、普段これまでお話したような専門知識や情報、
これまでのたくさんの経験を使ったアドバイスにより

結果までの道筋をつけることでお金を頂いています。

相続手続選択コンサルティングは、 あなたが将来後悔しないよう ベストな結論を導くために
私の時間を自由に使って頂けるサービスです。

「相続放棄とはこんな手続です」
「費用はこれくらいです」
「必要書類はこれとこれです」

といったあなたが相続放棄をすることを前提とした無料相談とは位置付けが全く異なります。

ですから、このコンサルティングの値段は無料ではなく1回につき30,000円(税別)です。

他の専門家との相続放棄の無料相談との違いを知って頂くため、
現在この相続手続選択コンサルティング
毎月先着3名様限定無料で受け付けしています。

※4名様以降は通常料金となります。

あなたはどちらを選びますか?



これからあなたの抱える相続の悩みや問題を解決するには、2つの道があります。

ひとつは、今すぐ相続放棄専門の事務所に丸投げして相続放棄をしてしまう道。
おそらく、相続放棄は問題なく上手くいくでしょう。
でもこの相続放棄の選択をされた場合は後戻りできないので、
その後のことがどうなるかは誰にも分かりません。

もうひとつは、今少しだけ立ち止まって、
総合的な相続の視点から「本当に相続放棄をして良いかどうか」
私たちのアドバイスを受けながらあなたに合った手続を一緒に考え、
あなたが本当に納得した手続を実行する道。
この方法なら、後日あなたが後悔する可能性はほとんどなくなるでしょう。

私たちは、事務所の使命を「あなたのこれからの人生をより豊かにする」ことだと考えていま
す。この相続手続選択コンサルティングも全てこの視点から行っています。

もし、あなたが「とりあえず楽になりたい」という短期的な考えではなく、
私たちと同じように将来の自分の、家族の、人生のことを含めた
もっと長期的な視点で今回の相続を改めてじっくり考えたいと思うのであれば、
ぜひ私たちの相続手続選択コンサルティングを受けてください。

お申込方法は簡単です


・お電話の場合(受付時間 9:00~19:00・年中無休)
075-361-3840(※フリーダイアル)に「〇〇を申し込みたい」とお電話ください。

・面談申込フォームの場合(24時間・365日受付)
下記の面談申込フォームに必要事項を入力して送信して下さい。

ご連絡を頂けましたら、お電話またはメールで日程の調整や持参書類のご案内をいたします。

面談予約申込フォーム

Step1:通信欄の入力

※お手数ですが必須項目はすべてご記入頂けます様、よろしくお願いいたします。

形態
 

ご相談の内容

氏名

例)鈴木 太郎

メールアドレス

例)example@***.jp

セキュリティ設定やドメイン指定受信をしている場合は、@shinpuls.comのメールを受信できるよう設定ください。

電話番号

例)03-1234-5678,0312345678

郵便番号

例)123-5678,1235678

住所

例)京都市下京区東洞院通綾小路下ル扇酒屋町289番地 デ・リードビル3F

プライバシポリシー

司法書士・FP 新風リーガルサービス(以下「当事務所」とします)では、「司法書士」という職務柄、ご依頼主様の個人情報に関わるとても重要な書類を取り扱う機会がとても多くございます。
ご依頼主様に当事務所の管理体制を信頼していただいているからこそお預かりできるのであり、また今後も、安心してお預けいただけるよう、弊所では個人情報の保護のため以下のことをお約束いたします。

  • 法令の遵守
    当事務所は、個人情報の取り扱いについて、個人情報の保護に関する法律その他の関連法令を遵守します。
  • 個人情報の利用目的
    当事務所は、個人情報を以下の利用目的の達成に必要な範囲だけを、適正に取得します。
    ・ご依頼いただいた手続のため。
    ・当事務所からのメールマガジン・ニュースレターなどの有益な情報をご連絡するため。
      ※当事務所からのご案内がご不要の場合は、お手数ではございますが、下記の個人情報に関するお問い合わせ先までご連絡ください。ご連絡をいただきましたら、直ちに以降のご案内をストップさせていただきます。
    ・ご希望の業務内容が他の専門分野に関する業務である場合に、当事務所と協力して行う専門家に対して相談や業務を取次ぐため。
    ・上記に附帯関連する目的のため。
  • 個人情報の保有・管理
    当事務所は、収集した個人情報について、適切な安全対策を実施し、不正アクセス、改ざん、破壊、漏えい、紛失などを防止するために合理的な措置を講じます。
  •  

  • 個人情報の第三者提供
    当事務所は、あらかじめご本人の同意を得た場合及び法令で定められた場合を除き、個人情報を第三者に提供することはありません。
  •  

  • 個人情報保護の継続的改善
    個人情報保護に関するコンプライアンス・プログラムを策定し、実施し、維持し、および継続的改善を行います。
個人情報保護に関するお問い合わせ先
司法書士・FP 新風リーガルサービス
TEL:075-361-3840 FAX:075-361-3841
info@shinpuls.com
責任者:代表司法書士 上羽崇之

司法書士・FP 新風リーガルサービス
代表・司法書士
上羽 崇之



追伸)
すでにお伝えしたように、現在この相続手続選択コンサルティングは毎月先着3名様限定で無料

で受け付けています。相続の選択には3ヶ月の期限もあります。この機会を逃さないでください。

PAGETOP
Copyright © 新風リーガル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.